GSアライアンス(兵庫・川西市)は2018年4月5日、セルロースナノファイバー(CNF)を熱可塑性樹脂に混合した複合体マスターバッチを作り、引っ張り強度などの機械的強度を向上させる体制を整えたと発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料