PR

 米Maxim Integrated社は、ウエアラブル機器などに向けた省電力MCUに「DARWIN」というファミリー名を付け、同ファミリーの新製品として「MAX32660」と「MAX32652」の2つを発表した(日本語ニュースリリース)。どちららも「ARM Cortex-M4F」をCPUコアにしたMCUである。

DARWINファミリーMCUの特徴を紹介するビデオをホームページ上に公開。Maximのビデオからキャプチャー
DARWINファミリーMCUの特徴を紹介するビデオをホームページ上に公開。Maximのビデオからキャプチャー
[画像のクリックで拡大表示]

 DARWINファミリーの製品は大きく2つに分けられる。1つが低消費電力をウリモノにする「ジェネレーションU」。もう一つが低消費電力と高処理性能をウリモノにする「ジェネレーションUP」である。今回の新製品のうちMAX32660は、ジェネレーションUに分類される。ジェネレーションUには既発表のCortex-M4Fベースのマイコン「MAX32630/MAX32631」(関連記事)なども含まれる。一方、ジェネレーションUPに含まれる製品は、今のところ、今回発表のMAX32652のみである。