ダイセル・エボニック(本社東京)は、同社のPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)樹脂が山田精工(本社新潟県魚沼市)が開発中の注射針に採用されたと発表した。樹脂製の針は金属アレルギーを引き起こさず、使用後にプラスチックごみとして処理可能で、装着したままMRI(核磁気共鳴画像)などでの検査が可能など、金属にはないメリットを持つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料