日立金属は、金属積層造形の材料・造形技術開発拠点「3DAMオープンラボ」(埼玉県熊谷市)に、造形シミュレーション用ソフトウェア「Simufact Additive」を導入した。ソフトを供給したエムエスシーソフトウェア(本社東京)が公表した。多様な部品の造形依頼に対応する際には事前に変形の予測が不可欠であるため、そのためのソフトの1つとしてSimufact Additiveを選んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い