PR

 「ディーゼルには未来がある。まもなく排ガスは問題にはならなくなる」。ドイツ・ボッシュ(Bosch)最高経営責任者(CEO)のフォルクマル・デナー(Volkmar Denner)氏の言葉だ。同社は年次記者会見で、ディーゼル技術のブレークスルーを発表した。

 Boschが開発した新しいディーゼル技術は、窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に削減できるもの。欧州のRDE(Real Driving Emissions)試験における現行のNOxの規制値(168mg/km)だけでなく、2020年以降に強化される同規制値(120mg/km)をも下回ることを可能にするという。

 同社によると、この新しいディーゼル技術を搭載した車両のNOx排出量は、RDEで規定されている標準的なサイクルを適用した場合で13mg/km。2020年以降の規制値の約1/10に相当する。また、特に厳しいとされる都市での走行に限った場合でも、平均のNOx排出量は40mg/km以下と低かったという。

Boschが開発した新しいディーゼル技術を搭載した試験車両
Boschが開発した新しいディーゼル技術を搭載した試験車両
(出所:Bosch)
[画像のクリックで拡大表示]