PR

 ソフトバンクは2018年5月11日、5GやIoTを活用したサービスの導入を検討する企業向けに、5Gの実験機器で技術検証ができるトライアル環境などを提供する「5G×IoT Studio」お台場ラボを開設すると発表した。場所は東京都江東区のテレコムセンタービルで、オープン日は5月18日。ここでは大きく(1)デモを通じて5Gを知る、(2)検証ルームで5Gを使う、(3)5Gを用いた共創を検討する――ができるようになっている。

シールドルームに設置された5Gのアンテナ(左)と端末(右)
シールドルームに設置された5Gのアンテナ(左)と端末(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 電波が外に漏れない「シールドルーム」に、アンテナと端末を置き実際に4.7GHz帯で電波を出す5G環境を用意。4室ある「検証室」からこの5G環境を利用できる。5Gの通信速度は、アンテナから端末が最大2Gbps、端末からアンテナは最大250Mbps(ベストエフォート。他の検証ユーザーと共有)。また、5GやMEC(Mobile Edge Computing)、IoTプラットフォームを使うアプリケーションのデモを見られるエリアがある。検証室やデモ見学は法人のみ、予約制となっている。

検証室の様子
検証室の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 同日ソフトバンクは説明会を開催。今井康之 代表取締役 副社長執行役員 兼 COOは「5Gの実証実験を先行して企業と一緒に進めながら、要望や質問にこたえていきたい。我々が強く推進しているエッジコンピューティングに関しても、5Gを生かして顧客にさまざまなサービスを提供できると思う。グループのシナジーや戦略を生かし、技術をもって企業の役に立っていきたい」と抱負を述べた。

ソフトバンクの今井康之 代表取締役 副社長執行役員 兼 COO
ソフトバンクの今井康之 代表取締役 副社長執行役員 兼 COO
[画像のクリックで拡大表示]

 また説明会では、5Gを用いた360度カメラの映像伝送や、5GとMECを用いたリアルタイム動線追跡や仮想GPU処理、リアルタイム画像処理などのデモを解説した。

5Gを用いた360度カメラの映像伝送のデモ。360度カメラが持つ4つのカメラで撮影した室内の映像を5Gで送り、GPUカードを2枚挿したサーバーでスティッチング(画像をつなぎ合わせる)してHMDで見られるようにする
5Gを用いた360度カメラの映像伝送のデモ。360度カメラが持つ4つのカメラで撮影した室内の映像を5Gで送り、GPUカードを2枚挿したサーバーでスティッチング(画像をつなぎ合わせる)してHMDで見られるようにする
[画像のクリックで拡大表示]
5GとMECを用いたリアルタイム動線追跡のデモ。MECに置いたサーバーに、撮影した映像を解析して人を抽出する処理をオフロード。ネットワーク遅延数ミリ秒、画像処理1秒といった短時間での動線追跡を実現する
5GとMECを用いたリアルタイム動線追跡のデモ。MECに置いたサーバーに、撮影した映像を解析して人を抽出する処理をオフロード。ネットワーク遅延数ミリ秒、画像処理1秒といった短時間での動線追跡を実現する
[画像のクリックで拡大表示]