PR

 米Qualcomm Technologies社は、XR(eXtended Reality)専用のプロセッサーIC「Snapdragon XR1 Platform」を発表した(ニュースリリース)。「9th Augmented World Expo(AWE) USA」(2018年5月30日~6月1日に米国サンタクララで開催)の前日である5月29日に発表された。

新製品のイメージ。Qualcommの写真
新製品のイメージ。Qualcommの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によれば新製品は初のXR専用プロセッサーICで、CPUは複数のARMコアで構成している。CPUに加えて、ベクトルプロセッサーやGPU、「Qualcomm Spectra ISP」、「Qualcomm 3D Audio Suite」、「Qualcomm Aqstic Audio Technologies」、「Qualcomm aptX Audio」、および「Qualcomm AI Engine」なども備えるSoCである。

 Qualcomm AI Engineを利用することで、機械学習ベースのビジョン処理アルゴリズムを高速・低消費電力で実行できるという。これでAR(Augmented Reality)のキーとなるポーズ予測やオブジェクト分類などを高度化できるとする。

 GPUは4K解像度のビデオ映像を最大60フレーム/秒でHMDに表示する演算能力を持つ。また、Spectra ISPがスナップショット映像中の不要なノイズを除去して、高画質ARヘッドセットを実現するという。さらに内蔵するディスプレープロセッサーを使うことで、コンポジット処理を高速化したり、デュアルディスプレーに対応したり、3Dオーバーレイ処理が可能になったりする。APIは、OpenCLやOpenGL、Vulkanに対応する。AR向けのVIO(Visual Inertial Odometry)に必要な映像処理も可能とされる。

 オーディオについては、「always-on, always-listening」の音声アシストやBluetooth再生をサポートする。また、新製品のHRTF(Head Related Transfer Functions)によって、特定位置の音源から聞こえるようなバイノーラル再生が可能という。

 3軸/6軸自由度に対応した頭部トラッキング機能に対応するため、ユーザーが仮想空間を自由に動き回りったり、操作を行えたりする。新製品のICはセンサーハブを搭載し、トラッキングの際のレイテンシーは20ms未満に抑えられている。

 すでにVR機器やAR機器のメーカーである、米Meta社、台湾HTC社(製品名は「Vive」)、米Vuzix社、中国Pico Interactive社がSnapdragon XR1をベースにした機器の開発を始めている。新製品の正式出荷時期、および価格などは未公表。