PR

 日立製作所は、学習済みの複数動作を状況に応じて自律的に組み合わせてロボット全身の制御を行う深層学習(ディープラーニング)技術を開発した。動作習得に必要な期間を大幅に短縮でき、動作バリエーションを容易に増やせる利点がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い