PR

 旭化成エレクトロニクスは、携帯(ポータブル)型業務用無線機に向けたVCO内蔵のPLLシンセサイザーIC「AK1574」を発売した。バリキャップと巻線コイルによるVCO(電圧制御型発振器)で構成する従来アーキテクチャーの置き換えを狙う。この従来アーキテクチャーでは、直交変調器を使わずに、アナログ音声信号をVCOに直接入力して送信していた。発売したICは、A-D変換器を集積したため、アナログ音声信号入力で周波数変調を実現できる。従って、従来アーキテクチャーから大幅設計を変更することなく、VCO内蔵のPLLシンセサイザーICに置き換えられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料