PR

 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は2018年6月12日、子ども向けPC「LIFEBOOK LH」シリーズなど、個人向けPCの新製品を発表した(写真1)。

写真1●FCCLが発表した「LIFEBOOK LH」シリーズ
写真1●FCCLが発表した「LIFEBOOK LH」シリーズ
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 FCCLが2018年5月2日にレノボグループ傘下になった後、最初の新商品発表になる。今後もFCCLは「富士通」ブランドのもとで独立して商品開発を続け、部品調達面などでレノボとのシナジーを出していく。

 LIFEBOOK LHシリーズは、FCCLが「はじめての『じぶん』パソコン」をコンセプトに、小学生向けにイチから開発したモデルで、「国内初」をうたう。小学3~5年生を中心に、小学生全般をカバーすることを狙う。

 製品構成は、2-in-1型コンバーチブルタイプの上位モデル「LIFEBOOK LH55」とクラムシェルタイプの「LIFEBOOK LH35」の2モデル(写真2、3)。いずれも店頭モデルとして、一般家庭向けに販売する。

写真2●LIFEBOOK LH55
写真2●LIFEBOOK LH55
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●LIFEBOOK LH35
写真3●LIFEBOOK LH35
[画像のクリックで拡大表示]

 開発の背景としてFCCLは、子どものPC利用率の低さを指摘。小・中・高校生におけるPC普及は5.9人に1台にとどまり、自分専用のPCやタブレットを持つ小学生は8.5%。15歳の家庭PC利用率は欧州やアジア、中南米などの主要47カ国中、日本は46位といった数字を挙げた。

 今後のプログラミング教育を念頭に置き、文部科学省が取り組む子どもの情報活用能力の向上にFCCLも協力していく方針を示した。