PR

 TechShare(本社東京)は、レーザー彫刻やCNC彫刻にも対応できる3Dプリンター「DOBOT Mooz」を発売した。中国のShenzhen Yuejiang Technologyが開発したもの。設置面積が28.5×28.5cmと小さく、企業での試作から家庭でのDIY(Do It Yourself)まで、さまざまな場面での利用を想定している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料