PR

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2018年6月8日、量子コンピューターを使って実用的な新材料の開発を進めていると発表した。この技術は水素やリチウム、炭素鎖などの分子をシミュレーションできるので、将来、電気自動車用2次電池の開発に有効だと見ている。同社は、ITソリューションに関する国際展示会「CeBIT 2018」(ドイツ・ハノーファー、2018年6月12~15日)で、この研究成果を発表する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料