PR

 日立製作所は、工作機械に内蔵されたモーターをセンサーとして活用し、消耗品の劣化を検知する技術を開発した。モーターの駆動電流を基にモーターの回転数やトルク電流を把握し、切削工具など消耗品の劣化を捉える。ソフトを追加するだけで利用できるので、センサーの導入にかかるコストを抑えられるのが利点だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料