PR

 経済産業省のWebサイトをコピーした偽サイトが公開されてることを2018年7月4日、日経 xTECH編集部が確認した。

経済産業省のWebサイトとそっくりな偽サイト。トップページしかないようで、各リンク先は経産省の各ページが指定されている。
経済産業省のWebサイトとそっくりな偽サイト。トップページしかないようで、各リンク先は経産省の各ページが指定されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 偽サイトは、経産省のWebサイトのトップページをコピーしただけで、ページ内のリンク先は経産省のWebサイト内にある正規のページが指定されている。経産省広報室は、「似たようなサイトは複数見つかっている。こうしたサイトにはどういう仕掛けがあるかがわからないため、アクセスしないように求めた注意喚起を出す予定だ」としている。

 セキュリティリサーチャーのpiyokango氏は、「編集部で確認した偽サイトのドメイン名は、『FIFA 2018チームをサポートしていただきありがとうございます!』という件名で送られてくるスパムメールの送信元のドメイン名に使われている」と指摘する。経産省のドメイン名は「meti.go.jp」だが、偽サイトのドメイン名は「metigojp[ドット]com」([ドット]はピリオドを表す)と混同しやすくなっている。なお7月4日12時時点で、アクセスすることでウイルスに感染するような仕掛けが偽サイトに見つかっていないが、今後は改変される恐れもあり、興味本位でアクセスしないようお願いしたい。