PR

 教育関係者向けの専門紙「教育新聞」を発行する教育新聞社は、教育新聞の電子版サイトが7月3日に不正アクセスを受け、閲覧者が外部サイトに誘導される状態になっていたと、2018年7月4日までに公表した。現在は正常に復帰しているという。

 教育新聞の電子版は、有料購読者向けに記事を配信している。同社によると、サイトが改ざんされていた可能性がある時間は午前6時~午後9時ごろ。外部から攻撃を受けてサイトの一部が書き換えられ、外部の悪意のあるサイトに自動的に誘導するコードが埋め込まれたという。

(出所:教育新聞)
(出所:教育新聞)
[画像のクリックで拡大表示]

 教育新聞社によると、誘導先は偽造されたセキュリティーソフトのダウンロードを要求するような悪意のあるサイト。閲覧者がこのサイトに誘導され、自身でクリックしたり情報を入力したりすると、マルウエアに感染したり情報を窃取されたりする可能性があったという。

 Webブラウザーでサイトを訪問した会員に加え、同社が提供するスマートフォン向けアプリを使って記事を閲覧した会員も、このサイトに誘導された可能性がある。現在は電子版サイトの不正コードを削除したほか、不正アクセスへのセキュリティ対策を強化する対策を済ませたとしている。

 不正アクセスを受けて、教育新聞社は購読会員情報にセキュリティ上の問題がなかったかも検査した。会員情報が漏洩したなどの影響はないことを確認したという。