芝浦工業大学の伊東敏夫氏(システム理工学部 機械制御システム学科 教授)は、「確率共鳴」を使って、遠距離・広範囲にある物体を認識する技術を開発したと発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料