PR

 村田製作所は、工場設備の稼働データを収集して非稼動要因を見える化するソリューション「m-FLIP」(Murata Factory Line Integration Platform)を2018年9月1日から提供する。チョコ停や段取り、点検、故障、休憩など設備停止の理由を見える化。改善できる粒度までそれらを細分化し、稼働率の向上を図る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料