PR

 ザインエレクトロニクスは、20Gビット/秒と高いデータ伝送速度に対応したリドライバーIC「THCX422R10」を開発し、2018年9月にサンプル出荷を始める。「USB 3.2」規格に準拠する。CML(Current Mode Logic)方式を採用した高速信号のシグナルインテグリティーの確保に向けたものだ。イコライザーやバッファー、ドライバーといった機能を搭載する。高速信号がプリント基板やケーブル、コネクターなどを伝送する間に減衰してしまった高周波信号成分をイコライザー機能で補償し、ドライバーを使って再送信する。こうすることで、取り回ししやすい細いケーブルを使っても、データを長い距離伝送することが可能になる。つまり、アイパターンの開口部を広くすることができるわけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い