近畿大学と豊田通商、日本マイクロソフトは2018年8月21日、従来人手に頼っていた養殖現場における稚魚選別作業をAI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)で効率化する「稚魚自動選別システム」を開発し、実証実験を進めていると発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!