韓国・現代自動車(Hyundai Motor)は、2018年8月22日と21日に自動運転トラックで高速道路を実験走行したと発表した。実験車両は、レベル3の自動運転システムを装備した最大積載量40tのセミトレーラー「Xcient」。義王(ウィワン)から任川(インチョン)の40kmをドライバーが操作せずに操舵、加減速、車線変更などを行った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!