PR

 米Semtech社は、消費電力が790mW(出力信号振幅が1.5Vppのとき)と小さい100Gビット/秒対応のクロック・データ・リカバリー(CDR:Clock Data Recovery)IC「GN2106S」を開発し、量産を開始した。同社のクロック・データ・リカバリーICファミリーである「ClearEdge」に含まれるものだ。同社によると、「業界最小の消費電力を実現した」という。100Gビット/秒対応のQSFP28 LR4光トランシーバーモジュールや、ER4光トランシーバーモジュールなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料