PR

 写真や動画素材の取引サービスを運営するピクスタは2018年9月7日、3500万点の写真データを使ったAI(人工知能)の開発支援サービスを始めた。同社の写真データを機械学習の教師データとして企業に提供。画像認識や解析といったAIシステムの開発に使えるようにする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料