京都大学発の電気自動車(EV)メーカーであるGLMは、帝人と共同開発したポリカーボネート(PC)樹脂製のピラーレス・フロント・ウインドーを搭載したスポーツEV「トミーカイラZZ」が「道路運送車両の保安基準(第29条)」を満たす国内認証を取得し、自動車登録番号標(ナンバープレート)を取得したと発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【初割】2/15締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/15締切】月額プランが3月末まで無料!