トヨタ自動車と東日本旅客鉄道(JR東日本)は2018年9月27日、水素を活用して鉄道と自動車を連携させることを軸とした包括的な業務連携の基本合意を締結したと発表した。水素・燃料電池を活用して二酸化炭素排出量を抑えつつ、鉄道・自動車を含む陸上交通の利便性を高める考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い