PR

 ソニーとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・グローバルエデュケーションの3社は2018年10月15日、ブロックチェーン技術を使ってデジタルコンテンツの権利情報を管理するシステムを開発したと発表した。音楽や映画、教科書、電子書籍などのデジタルコンテンツの作成日時や作成者をシステムの参加者間で証明できる。今後、ソニーグループの事業にどのような形で適用できるかを検討していく。

 著作権管理会社や著作者などがデジタルコンテンツを登録すると、コンテンツの作成者と作成日時の情報をシステムの参加者間で改ざんが困難な形で管理できる。過去に登録済みの著作物を判別する機能も持たせた。登録済みのコンテンツを第三者が不正に登録する問題を防止できる。

 ソニーとソニー・グローバルエデュケーションが開発した、複数の教育機関のデータに対する認証や権限管理をブロックチェーンで行うシステムを基に開発した。2社が開発したシステムはThe Linux Foundationのプロジェクト「Hyperledger Project」が開発したブロックチェーンのフレームワークを利用するもので、2017年に開催されたオンライン算数大会「第5回 世界算数」の成績証明書システムに試験適用した実績がある。そのシステムにデジタルコンテンツの権利情報を処理する機能を追加した。教科書や音楽、映画など多様なコンテンツの権利情報処理に応用できると見込む。