PR

 ジュピターテレコム(J:COM)は2018年10月12日に、2018年度下期の事業説明会を開催した。発表内容の目玉は、12月1日に始まる新4K8K衛星放送開始に合わせてスタートする4Kサービスの発表だった。

図1●12 月1 日に4Kサービス開始
図1●12 月1 日に4Kサービス開始
(ジュピターテレコム 2018年度下期 事業説明会の資料から、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 J:COMは、4Kセットトップボックス(STB、2.9世代品、HUMAX製)を投入し、12月1日からケーブルテレビによる同時再放送を始めとした4Kサービスを開始する。J:COMユーザーのうち、J:COMが提供する有料テレビサービス「J:COM TV」の各種コースの契約者が利用できる。コース料金は据え置きだが、別途STBの料金が必要である。例えば、J:COM TVスタンダードの場合、コース料金は月額4980円。別途必要となるSTBの料金が従来の月額300円から、4K STBに交換すると同362円となる(いずれも税抜き)。J:COMの各種サービスとのパックプランも用意するが、サービス料金は従来と同じ。STB料金は、パックの内容に応じて数十円から数百円程度上がる(最大は362円)。

図2●J:COM TVの契約者が視聴可能に
図2●J:COM TVの契約者が視聴可能に
[画像のクリックで拡大表示]

 視聴可能な4K番組は、BS右旋波を使って始まるNHKおよび民放系の4Kチャンネルのほか、ケーブルテレビ業界が全国統一編成で届ける「ケーブル4K」、さらに「J SPORTSの四つの4Kチャンネル」「ショップチャンネル 4K」「4K QVC」「ザ・シネマ4K」など、BSおよびCSの左旋波を使う4K放送チャンネルである。加えて、「J:COMオンデマンド」「メガパック」「YouTube」などオンデマンド系4Kサービスも利用できる。

図3●視聴可能なコンテンツ
図3●視聴可能なコンテンツ
[画像のクリックで拡大表示]

 J:COMの4Kサービスは、いわゆるトランスモジュレーション方式を採用する。STB経由で4Kサービスを利用する。同STBは、4K受信可能なチューナーを3系統装備しているのが特徴。録画媒体には、外付けHDD(ハードディスク装置)を利用する。

図4●投入するSTBの主な機能
図4●投入するSTBの主な機能
(J:COMの10月11日調査による)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお4Kチューナー内蔵テレビの購入者が、STB不要で4K放送を視聴できるパススルー方式については、現時点で対応予定はないという。FTTH方式で提供しているJ:COM 大分ケーブルテレコムについては、パススルーで右旋波で提供される新4K衛星放送も視聴できるようになる。

図5●4K衛星放送の視聴方法
図5●4K衛星放送の視聴方法
[画像のクリックで拡大表示]

 営業目標としては、2020年夏に4K視聴可能世帯数として「100万世帯」を挙げた。

図6●2020年に向けたロードマップ
図6●2020年に向けたロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]