PR

 ヌーラボ(福岡市)は2018年10月17日、作図・描画用のクラウドサービス「Cacoo(カクー)」の機能を強化しAmazon Web Services(AWS)のインフラ構成図を自動作成できるようにした。ユーザー企業が持つアカウント情報を基にAWS上からシステム構成情報を取得し、サービスの種類に対応したアイコンやサービス間のつながりを描画する。システム構成図を作る手間を省き、プロジェクトメンバー間で共有したりシステム構成の変更点を把握したりする作業を支援する。

自動で描画したシステム構成図の例
自動で描画したシステム構成図の例
(出所:ヌーラボ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Cacooはソフトをダウンロードすることなく、Webブラウザーだけで利用できる作図・描画サービス。EC2やRDS、S3といったAWSの各種サービスに対応したアイコンを標準で用意する。

 新機能を使うと、利用者は自分で一からアイコンを配置することなく基本的なシステム構成を自動で描画できる。利用するサービスに対応したアイコンだけでなく、アイコン同士の親子関係を線で結んで描ける。自動で描画した構成図を手作業で配置し直すことも可能だ。

 AWSで動かすシステムの現状を把握したりメンバー間で共有したりするのが容易になる。システム構成図を作るハードルが下がるため、定期的にシステム構成図を作って差分を見比べるといった使い方も可能になる。当初描画できるサービスはEC2やVPC、CloudFrontなど11種類。