ドイツBASFはフィンランドのハルヤヴァルタに、リチウムイオン電池(LIB)用正極材工場を建設する。2020年後半からの稼働を計画している。同社が欧州に電池材料の生産拠点を開設するのは初めて。欧州で電気自動車(EV)向けニーズが高まっているのに対応する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料