PR

 ナレーターや声優が本を朗読した音声コンテンツの配信サービス「audiobook.jp」を手掛けるオトバンクは2018年10月26日、日本交通と共同で「本のない図書館タクシー」を運行すると発表した。乗客が車内にあるタブレットを使って、本を朗読した音声コンテンツを楽しめる。10月29日から11月11日までの2週間、東京23区と東京都武蔵野市、三鷹市のエリアで運行する。

「本のない図書館タクシー」の外観。社内にあるタブレットで本を朗読した音声コンテンツを楽しめる。座席にはミニクッションを置き、乗客がくつろげるようにしている
「本のない図書館タクシー」の外観。社内にあるタブレットで本を朗読した音声コンテンツを楽しめる。座席にはミニクッションを置き、乗客がくつろげるようにしている
[画像のクリックで拡大表示]

 本のない図書館タクシーでは、「億男」「コーヒーが冷めないうちに」といった映画の原作やベストセラーなどを中心に30タイトルを提供する。短い乗車時間に合わせて、音声コンテンツは内容を簡潔に編集してあるという。

 オトバンクの久保田裕也社長は「これまでに旅客機や高速バスに向けて本の内容を聴くコンテンツを提供してきた。タクシーの乗車中でも本を聴く楽しさを提供できると考えて、期間限定で提供することにした」と説明する。

 専用の予約サイトを開設し、10月26日から11月7日まで予約を受け付ける。予約サイトの抽選で選ばれると、10キロ以内であれば運賃や予約・迎車料金は無料で利用できる。予約なしで利用する場合は通常の運賃がかかる。運行台数は3台。このうち1台には、乗務員が書店員のスタイルで乗車する。

 日本交通の金高恩メディア開発部エグゼクティブプロデューサーは「タクシーの平均乗車時間は18分程度。平日はビジネスパーソンが多く利用し、仕事の合間にゆっくりできる場とみなしてもらえている。休日はシニア層がゆったりと利用していることが多い。車酔いすることなく豊かな移動体験を提供できると考えて、本のない図書館タクシーを運行する」と話す。