PR

 米Texas Instruments(TI)社は、−20〜+50℃の温度範囲において測定誤差が±0.1℃と小さいデジタル出力の温度センサーIC「TMP117/TMP117M」を発売した。−40〜+50℃の温度範囲における測定誤差は±0.15℃、−40〜+100℃では±0.2℃、−55〜+125℃では±0.25℃、−55〜+150℃では±0.3℃である。Pt(白金)を使った測温抵抗体(RTD)と同等の測定精度を実現できるという。さらに、医療用途向けのTMP117Mは、米国の国際標準/規格策定機関であるASTM Internationalが定めた電子医療体温計向け規格「ASTM E1112」や、国際標準化機構(ISO)の医療用電気機器向け規格「ISO 80601-2-56」に準拠する。2製品どちらも、体温計や環境監視機器、サーモスタット、ウエアラブル機器、アセット追跡用途、ガスメーター、熱メーター、試験/測定機器などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)