PR

 オッポジャパン(OPPO Japan)は2018年10月30日、都内でSIMロックフリースマートフォン「R17 Neo」の説明会を開催した(写真1)。同日に「UQ mobile」から国内独占販売を発表したモデルだ。

写真1●OPPO JapanがR17 Neoの説明会を開催
写真1●OPPO JapanがR17 Neoの説明会を開催
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 一括購入時の端末代金が3万8988円(税込)と比較的低価格でありながら、ディスプレー指紋認証などの最新機能を搭載したことが特徴だ。11月下旬に発売する。

国内初の「ディスプレー指紋認証」を搭載

 発表会には、OPPO Japan プロダクトマネージャーの中川裕也氏が登壇。R17 Neoの特徴として、「ディスプレー指紋認証」や高性能カメラ、本体デザイン、独自の「ColorOS 5.2」を挙げた(写真2)。

写真2●OPPO Japan プロダクトマネージャーの中川裕也氏
写真2●OPPO Japan プロダクトマネージャーの中川裕也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレー指紋認証は、画面の中央下部に登録した指を当てるだけで指紋認証ができる機能だ(写真3)。有機ELのガラスや発光層よりも下に指紋センサーを置き、光源から指紋を照らすことでCMOSセンサーで識別する仕組み(写真4)。認証時のエフェクトにも工夫し、画面ロックの解除を楽しめるようにしたという。

写真3●ディスプレー指紋認証
写真3●ディスプレー指紋認証
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●内部から指紋を照らして識別する
写真4●内部から指紋を照らして識別する
[画像のクリックで拡大表示]