PR

 伊仏合弁STMicroelectronics社は、消費電流が0.55mA(コンボ・ハイパフォーマンス・モード時)と少ない慣性測定ユニット(IMU:Inertial Measurement Unit)「LSM6DSO」を発売した。同社の慣性測定ユニット製品ファミリー「iNEMO」に含まれるもの。3軸加速度センサーと3軸角速度センサーを1つのパッケージに収めた SiP(System in Package)品である。特徴は、9Kバイトと大きいFIFOメモリーを搭載したことで、システム効率を高めた点にある。メモリー容量が大きいため、システムプロセッサーの待機時間を長く取ることが可能になり、慣性測定ユニットへのデータ要求の回数を減らせるようになる。常時オンが求められる組み込み機器に向ける。具体的には、モーショントラッキング用途やジェスチャー検出、センサーハブ、室内のナビゲーション、IoT機器、カメラの光学式手振れ補正(OIS)や電子式手振れ補正(EIS)などを挙げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)