東京急行電鉄は2018年10月31日、沿線の交通サービスを拡充する「郊外型MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)実証実験」を始めると発表した。少子高齢化やワークスタイルの変化に対応し、既存の鉄道・路線バス以外の交通サービスを検証する。実験中の料金は無料。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料