ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは2018年11月6日、高スキル人材の需給状況調査の結果を発表した。高スキル人材の確保の容易さを示す指標「人材ミスマッチ」で、日本は調査対象となった33カ国中最悪だった。特に、データサイエンティストや自動運転技術者などが不足しているという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料