PR

 中国の大手ECサイト2社が2018年11月11日に開催した「独身の日」セールで、合わせて6兆円を超える流通総額を記録した。中国国内の経済成長による消費者の購買力の強さを改めて示すとともに、日本企業にとっても中国のECサイト向けに商品を出荷する、いわゆる越境ECの需要が引き続き底堅いことを示した格好だ。

「独身の日」セール終了直後、自社グループの24時間の流通総額が2135億元(約3兆4900億円)に上ったことを表明するアリババ集団のダニエル・チャンCEO(最高経営責任者)
「独身の日」セール終了直後、自社グループの24時間の流通総額が2135億元(約3兆4900億円)に上ったことを表明するアリババ集団のダニエル・チャンCEO(最高経営責任者)
(写真提供:アリババ集団)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国EC最大手のアリババ集団は、ECサイト「天猫(Tmall)」や越境ECサイト「天猫国際(Tmall Global)」、オムニチャネル型の食品スーパー「盒馬鮮生(フーマー)」などで11日の午前0時から翌12日の午前0時までの24時間にセールを実施。流通総額は2135億元(約3兆4900億円)となり、2017年の「独身の日」イベントで記録した流通総額1682億元(約2兆7500億円)を27%上回った。越境ECの輸入元の地域別流通額ランキングでは日本が3年連続で1位となり、ブランド別ではユニ・チャームの紙オムツ「ムーニー」が2位、「花王」が3位となった。

 アリババに次ぐ中国EC2位の京東集団(JDドットコム)も11日に同様のセールを開催した。流通総額は前年比25%増の1598億元(約2兆6100億円)を記録。越境ECの輸入元別ランキングで、日本は米国に次ぐ2位となった。同社はECサイトで販売した商品を原則自前の倉庫・配送網で配送しており、一部の倉庫はロボットなどを活用した無人倉庫としている。そうした効率化により「セール期間中も90%の注文を当日もしくは翌日に配送している」(京東集団)とする。また一部の商品配送にドローンを活用し、セール当日の総飛行距離が12万キロメートルに達したほか、当日の問い合わせ電話約1630万件にAI(人工知能)が応対し「90%はAIによる応対だけで完結できた」(京東集団)と効率化の成果をアピールした。