PR

 NECフィールディングは客先で保守や修理作業に当たる作業員に眼鏡型端末(スマートグラス)を携行させて後方支援する「遠隔支援ソリューション」を2018年11月20日に発売する。同社内のフィールドサポート部門で運用しているシステムを外販するもので、2020年度末までに150社、10億円の売り上げを見込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料