PR

 富士通と国際体操連盟は2018年11月20日、3Dレーザーセンサーや人工知能(AI)を利用して、体操競技の演技を採点するシステムを開発したと発表した。国際体操連盟は採点支援システムとして採用を決めた。2019年から国際大会での使用を開始する。審判の公平性を高めるのが狙いだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い