PR

 亀山電機(本社長崎市)とキヤノンIT ソリューションズ(本社東京、以下キヤノンITS)、toor(本社福島県三島町)、サイバネットシステム(以下、サイバネット)の4社は、ベルトコンベヤーの予知保全システムについて概念実証(Proof of Concept:PoC)を行う。ベルトコンベヤーに取り付けたセンサーから得た温度や振動などのデータに加えて、ベルトの状態を捉えた2D/3D画像をIoT(Internet of Things)で取得。それらを分析し、正常運用時との違いを検知する。実証の主体である亀山電機は、各社の技術を利用した故障予知保全サービスを2019年度から展開する予定だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)