PR

 オーディオブックの制作・配信を手がけるオトバンクは2018年11月27日、東京ガス、CCCグループのカルチュア・エンタテインメント、アニメイトグループのフロンティアワークス、VOYAGE VENTURES、ニッポン放送の5社と資本提携したと発表した。

(出所:オトバンク)
(出所:オトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の資本提携は、業務提携を見据えて実施したという。オトバンクは今後、各提携企業の強みやチャネルを生かし、オーディオブック普及の推進を目指す。

 オトバンクによると、音声コンテンツが最も多く利用されているのは、移動時間をはじめとした何かをしながらの「耳のスキマ時間」という。同社は各社との提携を通じて、日常のあらゆるシーンで音声コンテンツを楽しんでもらうことや、生活の各シーンに合わせたコンテンツの開発を目指す。