PR

 楽天は2018年11月28日、連結子会社で結婚関連の紹介サービスを手掛けるオーネットを国内投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却すると発表した。楽天は「経営資源の最適化を図る」としており、売却で得た資金をFinTechや通信など戦略事業に振り向けるとみられる。

 2018年12月下旬に、オーネットの全株式をポラリスが設立する新会社に譲渡する予定だ。楽天は売却価格を明らかにしていないが、2018年10~12月期に約250億円の譲渡益を計上する見込み。オーネットの前身のオーエムエムジーは1980年創業で、2007年12月に楽天グループの傘下に入っていた。