PR

 NTTドコモは2018年11月27日、独Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG(ローデ・シュワルツ)の協力で100GHz超の周波数帯での電波伝搬特性測定・評価装置「超広帯域チャネルサウンダ」を開発、150GHz帯までの電波伝搬実験を行ったと発表した(NTTドコモのニュースリリース1)、(ローデ・シュワルツのニュースリリース)。100G~300GHzの周波数帯では、5G向けよりも広い帯域幅を確保できるため、さらなる高速大容量通信の実現が期待できる。ただこれまでは、その電波伝搬特性を測定・評価できる、小型で超広帯域対応の装置がなかった。今回の超広帯域チャネルサウンダは、ミリ波帯で最大2GHzの帯域幅を解析可能。ドコモは、これを使って、5Gの次の世代に向けた新たな周波数の開拓を進め、1T(テラ)ビット/秒の移動通信システム実現を目指すとしている。

 30G~300GHzのミリ波帯では、電波伝搬時に、人体や車両、樹木などの影響を大きく受ける。今回の実験では、電波暗室にて、150GHz帯までの10種類の周波数帯を使って、人体による遮蔽影響の測定、解析を行っている。

ミリ波帯伝搬に影響を与える要素
ミリ波帯伝搬に影響を与える要素
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]
実験風景
実験風景
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]
実験装置
実験装置
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]
実験結果の例
実験結果の例
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い