PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 米Wave Computing(ウエーブコンピューティング)は、MIPS ISAをオープンソース化して提供する目的で「MIPS Open Initiative」を設立することを2018年12月17日に発表した(ニュースリリース)。同社は2018年6月に米MIPS Techを買収し、MIPS ISAの権利を保有することになった(関連記事)。

 半導体のメーカーや開発者、大学が次世代SoCにMIPSアーキテクチャーを採用し、イノベーションを起こしてほしいという思いで、今回の決断を行ったとする。MIPS Open Initiativeでは、最新のMIPS ISA Release 6に基づく32ビット/64ビット命令とSIMD/DSP拡張、マルチスレディング、MCU、microMIPS、およびVZ(MIPS Virtualization)の各命令をロイヤリティーおよびライセンス料フリーで利用可能な形で提供する。ただし提供されるのは最新版のみで、Release 5までのMIPS ISAは対象外。これとは別にMIPS Open verificationと呼ぶ認証プログラムも立ち上げられる予定で、こちらはMIPSロゴの利用や旧MIPSの保有した特許の利用権なども含まれる有償のものとなる。

 MIPS Open Initiativeは2019年第1四半期にスタートする予定で、詳細はその際、公表される。