PR

 NECパーソナルコンピュータは2019年1月22日、都内で新製品発表会を開き、2019年春モデルのパソコン新製品を発表した(写真1)。1月24日より、順次販売を開始する。

写真1●NECパーソナルコンピュータが2019年春モデルパソコンを発表
写真1●NECパーソナルコンピュータが2019年春モデルパソコンを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 発表したWindowsパソコンはオールインワン型の「LAVIE Desk All-in-one」、12.5型の学生向けノート機「LAVIE Note Mobile」、15.6型の家庭向けノート機「LAVIE Note Standard」の3機種。ほかにもAndroidタブレット「LAVIE Tab E」の新モデルも発表した。

NEC「PC-8001」から40周年

 発表会には、NECパーソナルコンピュータの河島良輔執行役員が登壇(写真2)。「2019年は平成最後の年であると同時に、NECのPC-8001の発売から40周年になる。消費増税やWindows 7サポート終了を見据えて、盛り上げていきたい」と語った。

写真2●NECパーソナルコンピュータの河島良輔執行役員
写真2●NECパーソナルコンピュータの河島良輔執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコン製品のブランドスローガンには、2018年秋に掲げた「PCとは、愛だ。」を引き続き採用する。製品カテゴリーとしては、スマホの普及で大きく変わった「ホーム」、働き方改革やテレワーク利用の「プロシューマー」、大学生に加えて小中高のK12を含めた「エデュケーション」の3つを定義。「ユーザーが本当に困っている不安やニーズに寄り添っていく」(河島氏)と語った。

 パソコンユーザーからの不満としては「起動が遅い」と「使い方が分からない」が依然として上位2つを占めていることを挙げ、「インテルのOptaneメモリーを採用した高速起動や無料のサポートにより、これらの不満を徹底的に解消していく」(河島氏)と語った(写真3)。

写真3●インテルOptaneメモリーによる「パッと起動」対応モデルを拡大
写真3●インテルOptaneメモリーによる「パッと起動」対応モデルを拡大
[画像のクリックで拡大表示]

 サポートについては、従来通り無料の「使い方相談」に加え、月額制の有償サービスを発表(写真4)。落下や水こぼしに対応した「安心保証サービス」と、100GBまでの「オンライン自動バックアップ」をセットで月額700円(税別)で提供する。PC購入後の申し込みにより、最初の1年間は無料にするという。

写真4●月額制の有償サポートサービスを提供
写真4●月額制の有償サポートサービスを提供
[画像のクリックで拡大表示]