東京急行電鉄は2019年1月22日、横浜市のたまプラーザ駅周辺で運行する「オンデマンドバス」の現地説明会を開いた。東急が推進する「郊外型MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」の1要素として試験運行し、住民の利便性向上を図る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い