パナソニックは2019年1月25日、ロボット技術の共創拠点「Robotics Hub」を公開した。パナソニックが大学や他社とサービスロボットの共同開発を進めて実用化を目指す拠点である。2018年12月に開設し、千葉工業大学や東京大学、東北大学、奈良先端科学技術大学院大学、立命館大学、早稲田大学の6大学が参加した。

 ロボット開発をアジャイル型で進める狙いがある。パナソニックの小川立夫マニュファクチャリングイノベーション本部本部長は「ロボットは需要の掘り起こしから商品化までのサイクルが高速化している」とする。

 ロボット開発の主なテーマは人の能力を高める「自己拡張」である。例えば早稲田大学とはベニヤ板のビス止め作業を効率化する研究を進める。作業員が装着したロボットアームがいわば「第3の腕」として作業を助ける。2019年4月からは自己拡張に関する知見を集める活動を、「Aug-Lab」と名付けて共創を進める予定だ。

ベニヤ板をロボットアームで支えてビス止め作業を支援する様子
ベニヤ板をロボットアームで支えてビス止め作業を支援する様子
[画像のクリックで拡大表示]

 Robotics Hubの拠点は東京と大阪の2カ所。東京拠点は大学や他社との共同開発や実証実験を、大阪拠点はロボットの要素技術開発をそれぞれ担当する。今回は東京拠点を公開した。