PR

 楽天と中国の京東集団は2019年2月21日、日本国内における物流の無人配送ソリューションについて合意したと発表した。楽天の電子商取引(EC)サイトで購入した商品の配送に京東が開発したドローンと地上配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)を活用し、商品の無人配送を日本国内で提供する。発表会に登壇した楽天の安藤公二常務執行役員は「(国内で物流の)革命を起こしていきたい」と大きな期待を語った。

 中国でECサイト「京東商域(JD.com)」を運営している京東は2015年からドローン開発に取り組んでおり、2016年から既に江蘇省などの農村部で商用ドローン配送を実現している。これまでに40万分を超える飛行時間の実績があるという。UGVに関しても湖南省と内モンゴル自治区の2カ所の配送ステーションで実用化しており、配送エリア内では人間による配送とほぼ同数の配送に使っている。

 今回の合意を受け、楽天は京東のドローンとUGVを導入した無人配送を今後提供していく。法規制の関係から、まずドローンは通常の配送が困難な離島や山間地域で、UGVは集合住宅の敷地内などの私有地で、それぞれ配送を開始したいとしている。将来は、より幅広く一般家庭まで配送できるようにしたい考えだ。発表会では、ソーセージなどの食材をドローンでキャンプ場に配送する「手ぶらでドローン」のイメージビデオを披露した。

 京東のドローンやUGVを導入する理由について、安藤氏は「状況に応じた最適な機体を活用していきたいという考えから、今回の配送については既に数多くの実績のある京東の機体を導入した」と語る。

楽天が導入する京東のドローンとUGVを前に握手をする楽天ドローン・UGV事業部の向井秀明ジェネラルマネージャー(左)、楽天の安藤公二常務執行役員(左から2番目)、京東集団の肖軍副総裁兼X事業部総裁(右から2番目)、JD.com京東日本の荒井伸二最高責任者
楽天が導入する京東のドローンとUGVを前に握手をする楽天ドローン・UGV事業部の向井秀明ジェネラルマネージャー(左)、楽天の安藤公二常務執行役員(左から2番目)、京東集団の肖軍副総裁兼X事業部総裁(右から2番目)、JD.com京東日本の荒井伸二最高責任者
[画像のクリックで拡大表示]

 今回導入するドローンのサイズは幅160センチメートル×高さ60センチメートルの大きさで、最大積載量は5キログラム。最大飛行時間は40分で最長16キロメートルの飛行が可能だ。UGVは奥行き171.5センチメートル×幅75センチメートル×高さ160センチメートルのサイズで、最大積載量は50キログラム。最大走行速度は時速15キロメートルとなっている。UGVが配送先に到着すると、相手の携帯電話に通知メッセージが送付され、その中に書いてあるPIN番号を入力することで商品を受け取れる。