PR

 ベンチャー企業のヌーラボ(福岡市)は2019年2月21日、同社のプロジェクト管理ソフト「Backlog」に複数のビジネスチャット製品との連携機能を追加した。新たに「Slack」「Chatwork」の2製品と連携できるようにした。Backlog側で情報を追加したり更新したりすると、ビジネスチャット側に通知される。日常的に使うビジネスチャットを窓口に使えるようにすることで、ユーザー企業のプロジェクト管理作業の効率化を支援する。

Backlogとビジネスチャットの連携の概要
Backlogとビジネスチャットの連携の概要
(出所:ヌーラボ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Backlogはシステム開発などのプロジェクト管理作業について、課題管理やスケジュール管理、ドキュメント管理などの機能を備える。クラウド版とオンプレミス版があり、ビジネスチャットとの連携機能を追加したのはクラウド版だ。

 具体的にはBacklog上で実行した操作に応じてビジネスチャットに通知が届く。対象の操作はBacklog上の課題の登録や更新、コメントの投稿や削除などだ。API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)に基づいてプログラミングをする必要はなく、Backlog側で設定を変更するだけでよい。

 Backlogはヌーラボが運営するビジネスチャットの「Typetalk」とも連携できる。ヌーラボは同日、Typetalkとの連携機能を強化した。通知メッセージにユーザーのアイコンを表示して誰がBacklogの内容を更新したのかを分かりやすくするなどの改良を施した。