PR

 住信SBIネット銀行は2019年3月4日、同社が利用しているインターネットバンキングなどのデータベース(DB)を米オラクル(Oracle)の「Oracle Database(Oracle DB)」から、Amazon Web Services(AWS)が提供している「Amazon Aurora PostgreSQL(Amazon Aurora)」に移行すると発表。3月5日にAWSが開催した説明会で詳細を明らかにした。

 同社は現在、インターネットバンキングシステムに「Oracle Database 11g」の最上位版であるEnterprise Editionを採用。Oracle DBのクラスタリング機能「Real Application Clusters(RAC)」を3ノード構成で利用中だ。これをAWSのフルマネージドのDBサービス「Amazon Aurora PostgreSQL10」に移行する。

 住信SBIネット銀行は、「AWSが提供するツールやサービスなどを利用して3カ月間検討した結果、3年間で移行にかかわる費用が回収できると判断してAWSへの移行を決めた」(相川真一システム開発第2部長)と説明する。障害時にレプリカノードに切り替える時間が30秒程度であることや、Oracle DBからAmazon Auroraに移行した場合に運用費用が83%程度下がることを評価した。

住信SBIネット銀行の相川真一システム開発第2部長
住信SBIネット銀行の相川真一システム開発第2部長
[画像のクリックで拡大表示]

 検討時には、Oracle DBとAmazon Auroraの機能比較や、SQL文の互換性調査、性能調査などを実施。機能に差がないことに加え、高い負荷をかけてテストした際にAmazon Auroraの性能が高かったことを評価した。SQL文の互換性調査では62%が自動変換可能との結果だったが、「実際にプロジェクトを進めると自動変換できない部分もあった」(相川部長)という。

 相川部長は、「さらにOracle DBからAmazon Auroraに移行するためのアプリケーションの書き換え費用は相当かかることが分かったが、Oracle DBのライセンス費用の削減などを考えた結果、DBソフトを移行したほうがいいと判断した」と話す。

 住信SBIネット銀行はインターネットバンキングシステムのほかに、事務処理システム、外貨システムのDBもAmazon Auroraに移行する。事務処理システムは2019年10月、外貨システムは2019年12月、インターネットバンキングシステムは2020年3月に稼働を予定している。同社は2017年からクラウドへの移行を進めており、他システムもAWSなどのパブリッククラウドに移行中だ。