PR

 ノルウェー・ノルディック(Nordic Semiconductor)は、Bluetooth 5.1やThread、Zigbeeに対応した2.4GHz帯RF回路内蔵SoCとして「Nordic nRF52811」を発表した(ニュースリリース)。同社のnRF52シリーズの第4弾製品に当たる。

nRF52シリーズのBluetooth 5機能を比較。今回の新製品は枠で囲った「nRF52811」。Nordicのイメージ
nRF52シリーズのBluetooth 5機能を比較。今回の新製品は枠で囲った「nRF52811」。Nordicのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品のnRF52811は64MHz動作のArm Cortex-M4や、192Kバイトのフラッシュメモリー、24KバイトのSRAM、マルチプロトコル対応のRF回路を集積している。このRF回路の送信出力は+4dBm。受信感度は-97dBmである。Bluetooth 5モードでは1Mビット/秒で通信できる。

 nRF52811の発表に合わせて公開されたSDK「Nordic nRF5 SDK v15.3.0」では、Bluetooth 5準拠のドライバーや、Bluetooth 5.1で追加された方角探知機能が利用可能である。また、近く公開予定の「Nordic nRF5 SDK for Thread and Zigbee v2.1」を利用すれば、ThreadおよびZigbeeネットワークへのアクセスもできる。

「nRF52811」の機能ブロック図。Nordicのイメージ
「nRF52811」の機能ブロック図。Nordicのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 パッケージは6mm×6mmの48ピンQFN(GPIOは32本)と5mm×5mmの32ピンQFN(GPIOは17本)、2.5mm×2.5mmの32ボールWLCSP32(GPIOは15本)の3種類を用意する。nRF52811は量産出荷中。2019年中に提供されるソフトウエアを使って、Bluetooth 5 Long RangeとBluetooth 5.1 Direction Finding、Zigbee 3.0などnRF52811が備える全機能を利用できるようになる。

ドイツ・ニュルンベルクで開かれた「embedded world 2019」(2月26日~28日)にブースを構えた。日経 xTECHが撮影
ドイツ・ニュルンベルクで開かれた「embedded world 2019」(2月26日~28日)にブースを構えた。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]