ソニーネットワークコミュニケーションズとソニーマーケティングは2019年3月11日、同社らが提供している肌解析サービス「BeautyExplorer」を化粧品メーカーのポーラが採用したと発表した。

 ポーラが使うBeautyExplorerは、小型の肌測定機と分析クラウド、タブレット用のアプリケーションなどで構成される。肌測定機にはソニーグループが開発したCMOSイメージセンサーが組み込まれており、肌画像を撮影できる他、肌に含まれる水分量も測定できる。

BeautyExplorerの肌測定機
BeautyExplorerの肌測定機
(出所:ソニーネットワークコミュニケーションズ、ソニーマーケティング)
[画像のクリックで拡大表示]

 肌画像や水分のデータなどは、分析用のクラウドに送信する。クラウド側では画像解析技術を使って、肌のキメやシミ、水分などを分析して肌の状態を判定したり、総合スコアを導き出したりする。結果はタブレットのアプリから閲覧できる。

 ポーラは2019年3月11日、スキンケア関連ブランド「APEX(アペックス)」のリニューアルを発表した。発売開始は同年7月8日を予定している。ポーラはリニューアルを機に、ソニーグループの肌解析サービスをAPEXに取り込む。肌解析サービスは、全国にあるポーラの店舗に順次導入していく。

 ポーラはAPEXの刷新に合わせて、今後5年といった先々を見据えた肌の分析ができる独自アルゴリズムをBeautyExplorerに組み込み、顧客一人ひとりの肌をきめ細かく解析できるようにする。その結果を基に、顧客に合ったスキンケア商品を提案していく。ポーラは肌解析サービスを採用するなどして、APEXの2019年度の売上高を120億円規模にすることを目指す。